小京都 四万十市 歴史 一条教房 一条房家 一条房冬 一条兼定 幸徳秋水  by-中村ソーイング
土佐の『小京都』中村引用
年   代 時   代 事   項 関   連
 〜紀元前1万年前  旧石器(先土器) 双海、初崎遺跡など 宿毛須々木、池上など
 〜同4千年前  縄文草創、早期 国見、大用、双海など  
 〜同2千年前  縄文前・中期 非常に少ない、国見 宿毛貝塚、清水唐人駄馬
 〜同3百年前  縄文後・晩期 中村貝塚、入田、有岡など 同上
 〜紀元後3百年  弥生時代 入田、石丸(具同)、有岡、佐岡など  
 〜同6百年前  古墳時代 具同中山、古津賀、竹島古墳など 平田曽我山古墳
西 暦 時 代 和   暦 事   項 関   連
          崇神朝 天韓襲命(あまのからそのみこと)  
  波多国造となると伝える  
 645






 大化1   大化の改新始まる
 672  白鳳1   壬申の乱
 701  大宝1 国、郡、里制により土佐国、幡多郡となる 大宝律令制定
 718  養老2 土佐への官道に従来の伊予経由に、阿波経由が加わる 平城京710年
 724  神亀1 配流の制。土佐は遠流6ヶ国の一つ  
 794





 延暦13   平安京遷都
 823  弘仁14 空海、足摺山金剛福寺を創建  
 923  延長1 幡多郡に五郷(大方、鯨野(いさの)、山田、枚田(ひらた)、宇和) 紀貫之、大津を発つ(939)
 940  天慶3 藤原純友、幡多を荒らす この頃、将平・天慶の乱
 1143  康治2 藤原忠通「土佐国の成敗を司る」。知行国的支配か 保元の乱、続いて平治の乱
 1156  保元1 藤原師長(忠通の弟頼長の子)、”畑”へ配流 鎌倉幕府開く
 1192





 建久3    
 1206  元久3 九条家(兼定)、土佐を知行国とする  
 1207  承元1 法然、幡多に流罪決定するも讃岐へ。その弟子成阿坊を中村に迎えて正福寺開く  
 1221  承久3 土御門上皇、土佐へ配流 この頃には九条家所領「幡多庄」立荘か 承久の乱
 1250  建長2 幡多庄、九条家から一条家へ 一条家創設
 1256  康元1 金剛福寺焼失、一条家造営料を出す。以降同寺は1289年、1310年等に焼失、一条家はその都度70〜100石を奉加 ・・・五摂家、この頃揃う
 1275  文永12 慶心(金剛福寺の僧侶か)を幡多本郷の船所職(ふなどころしき)に  
 1331  元弘1 尊良親王、大方へ配流  
 1338





 暦応1 鎌倉幕府の滅亡(1333)後、建武の中興を経て、南北朝の内乱は1392年の合一まで続く 室町幕府をひらく」室町幕府下、土佐の守護は官領家細川氏。その一族家臣が守護代となり、田村館に守護代所が置かれる。幡多にはその支配は及ばず。
 1345  興国6 流刑行程の定めにより、土佐は遠1220里
 1350  文和年間 太平寺開山
 1458  長禄1 一条教房関白となる(1463年まで)
 1467





 応仁1 教房、奈良大乗院へ。9月、京一条邸焼失 応仁・文明の乱始まる
 1468  応仁2 9月教房、幡多本庄へ向かう  
 1469  文明1 下山(西土佐)回復。唐船土佐へ帰朝 政房、兵庫で死去
 1477  文明9 房家(土佐一条初代)生まれる。母は加久見の出 応仁・文明の乱終わる
 1479  文明11 京一条邸造営のため材木・板など贈る  
 1480  文明12 教房、中村で死去(58歳)  
 1483  文明15 一条家臣内紛、房家足摺へ。その後南村(土佐清水)へ 唐船3隻、幡多で越年する  
 1494  明応3 房家、元服   
 1498  明応7 房家、後妻を大内氏より迎える。6男晴持を大内家へ 庸氏に養子   
 1516  永正13 房家、次男房通を伴い上洛。房通、京一条家の養嗣子に10ヶ月滞在する  
 1517  永正14 高岡郡へ出兵、一条領とする  
 1521  大永1 伏見宮邦親王女(玉姫)、房冬の嫁にする  
 1539  天文8 房家死去(63歳)  
 1541  天文10 房冬死去(44歳)  
 1549  天文18 房冬死去(28歳)、兼定当主となる(7歳)  
 1566  永禄9 兼定、伊予を侵攻(永禄11年まで)  
 1574





   天正2 兼定、豊後大友氏に落去。吉良親貞、中村城監に  
 1575  天正3 渡川合戦、土佐一条氏滅亡 長宗我部元親、土佐統一
 1585  天正13   元親四国統一後秀吉に降る
 1589  天正17 中村郷検地(土佐の検地は1587年より)  
 1600  慶長5 山内政豊(一豊弟)、中村に入国。翌年2万石を給される 関が原の戦い。長宗我部氏
 1601  慶長6 山内一豊、土佐に入国 除封
 1603  慶長8   江戸幕府開く
 1613  慶長18 山内政豊(二代藩主忠義弟)中村城を普請  
 1615  元和1 一国一城令により中村城こわす 大阪夏の陣、豊臣氏滅亡
 1656  明暦2 山内忠直(忠義次子)中村3万石を分領  
 1663  寛文3 この頃迄にカイロク溝・四ッ村溝などの工事行われたが岩崎堤防が切れ大洪水。この後も大水害記録多数あり 野中兼山、失脚
 1666  寛文6  
 1689  元禄2 中村3万石、没収される  
 1696  元禄9 中村3万石領、本藩に還付され、幡多郡奉行支配の時代となる  
 1825  文政8 中村に義倉設置  
 1845  安政1 安政の大地震、被害甚大
樋口真吉、幡多海岸に砲台を構築
米地との和親条約 中浜万次郎、帰国(1852年)
 1862  文久2 一条神社建立 土佐勤皇党結成(1861年)
 1868







 慶応4 堺事件の切腹残余9名、入田に流謫 明治維新、戊辰戦争
 1870  明治3 大用寺一揆  
 1871  明治4 県下を230区にわけ戸長など置く。中村は第12区。廃仏毀釈により多くが廃寺になる 廃藩置県
 1874  明治7 江藤新平、逃れてくる 佐賀の乱、立志社創立
 1876  明治9 熊本県令安岡良亮、暗殺される 神風連
 1879  明治12 幡多郡役所中村に置かれる  
 1881  明治14   自由党結成
 1889  明治22 中村、中村町、不破、右山、角崎各村が合併、「中村」となる 前年、市制町村制公布
大日本帝国憲法
 1890  明治23 自由党・国民党間の対立/右山事件、下田事件(1893) 第1回帝国会議
 1894  明治27   日清戦争
 1894  明治29 逢坂トンネル開通  
 1898  明治31 中村町となる  
 1904  明治37  
 1910  明治43  大逆事件、幸徳秋水刑死(翌1月)  
 1914  大正3   第一次世界大戦始まる
 1915  大正4 中村実業女学校生ら、四万十川渡船水難事故  
 1926  大正15 (昭和)四万十川鉄橋竣工  
 1929  昭和4 四万十川、後川、中筋川の改修工事始まる  
 1931  昭和6   満州事変
 1935  昭和10 大洪水。中村町水没、被害甚大  
 1937  昭和12   日中戦争始まる
 1941  昭和16   太平洋戦争開戦
 1945  昭和20 B29、中村に爆弾投下、疎開行われる 高知大空襲。広島・長崎に原爆投下される。終戦
 1946  昭和21 南海大地震、中村の被害甚大  
 1947  昭和22 第一次都市計画事業はじまる  
 1951  昭和26   対日平和条約調印
 1954  昭和29 中村町はじめ11ヶ町村合併、中村市発足 発効、日本独立
 1955  昭和30 第二次都市計画事業はじまる  
 1960  昭和35 市街地の町(字)名、区域変更  
 1963  昭和38 大洪水、被害甚大  
 1967  昭和42 第三次都市計画事業はじまる  
 1970  昭和45 国鉄中村線開通  
 1971  昭和46 四万十川左岸、百笑、岩崎堤防竣工  
 1975  昭和50 国道56号バイパス開通  
 2005  平成17 中村市、西土佐村の合併により四万十市発足  
   
サイト登録

Copyright©2007 NAKAMURA SEWING All rights reseryed