小京都 四万十市 歴史 一条教房 一条房家 一条房冬 一条兼定 幸徳秋水  by-中村ソーイング
 トップページ
 小京都中村関連年表
 一条教房(土佐一条家開祖)
 一条房家(初代)
 一条房冬(二代)
 一条房基(三代)
 一条兼定(四代)
 一条内政(五代)
 一条政親(六代)
 一条神社
 玉姫の墓
 咲かずの藤
 御化粧の井戸
 大文字の送り火
 奥御前宮
 東山
 鴨川
 京町
 桜町
 紺屋町跡
 たて町跡
 よこ町跡
 小姓町
 中村城跡
 須賀神社(祇園さん)
 正福寺跡
 東ノ城跡
 為松城跡
 中村山内家屋敷
 中村城跡の石垣
 中村目代跡
 西小路氏土居跡
 樋口真吉邸跡
 木戸明塾跡
 幸徳秋水
 安岡良亮邸跡
 行余館(藩校跡)
 遠近鶴鳴生家跡
 中村貝塚
 桜町
 今はその場所に四万十市立文化センターが建っていて昔の面影は無くなっていますが、一条時代には城下の正面街として栄え、重臣たちの邸宅のあったところといわれてる。山内三万石時代には家老たちの屋敷街で、堀側に桜が植えられたことから、南桜町・北桜町とつけられた。その後、様々な変遷をたどり、桜という名前だけが残った
 石碑に書かれていること
桜町は古城山のふもとの塀に沿って北へ薬300m、江戸時代を通じてこの町名が使われています。
山内3万石時代以降には南桜町、北桜町と称しました。ここには家老 祖父江長左ヱ門はじめ重臣の屋敷が並んでいました。元禄2(1689)年3万石?廃絶と共にこれらの武家屋敷は一斉に姿を消し、幕末に至るまで?野となっていましたが、明治以降は発展し、今日の姿を見るに至りました。

サイト登録

Copyright©2007 NAKAMURA SEWING All rights reseryed