小京都 四万十市 歴史 一条教房 一条房家 一条房冬 一条兼定 幸徳秋水  by-中村ソーイング
 トップページ
 小京都中村関連年表
 一条教房(土佐一条家開祖)
 一条房家(初代)
 一条房冬(二代)
 一条房基(三代)
 一条兼定(四代)
 一条内政(五代)
 一条政親(六代)
 一条神社
 玉姫の墓
 咲かずの藤
 御化粧の井戸
 大文字の送り火
 奥御前宮
 東山
 鴨川
 京町
 桜町
 紺屋町跡
 たて町跡
 よこ町跡
 小姓町
 中村城跡
 須賀神社(祇園さん)
 正福寺跡
 東ノ城跡
 為松城跡
 中村山内家屋敷
 中村城跡の石垣
 中村目代跡
 西小路氏土居跡
 樋口真吉邸跡
 木戸明塾跡
 幸徳秋水
 安岡良亮邸跡
 行余館(藩校跡)
 遠近鶴鳴生家跡
 中村貝塚
咲かずの藤
 土佐一条氏第4代当主一条兼定が、長宗我部氏に追われたおり、「植え置きし 庭の藤が枝心あらば 来ん春ばかり 咲くな匂うな」 という歌を詠み邸内を去った。藤はその後約三百年間花をつけませんでした。(現在は咲いています) 藤を愛した土佐一条氏は、藤を家紋にもし、邸内に藤見の館「藤遊亭」も建てもいます。一条神社の参道奥の階段を上って、一条神社境内になりますがその階段の下の左側に咲かずの藤はあります。


咲かずの藤の全景


咲かずの藤棚の下に石碑


境内から見る咲かずの藤


咲かずの藤の石碑


1月頃の咲かずの藤


石灯籠も添えられて
 石碑に書かれていること
土佐一条氏は邸内に藤見の館「藤遊亭」を建て、家紋でもある藤をこよなく愛したと伝えられています。土佐一条氏第4代当主一条兼定は、長宗我部氏に追われ、館を離れるにあたり 植え置きし 庭の藤が枝 心あらば 来ん春ばかり 咲くな匂うな と残して去り、この藤はその後三百年間花をつけませんでした。しかし、文久元(1867)年、この藤が見事に咲きほころび、このことが翌年の一条神社建立の発端となりました。
サイト登録

Copyright©2007 NAKAMURA SEWING All rights reseryed