小京都 四万十市 歴史 一条教房 一条房家 一条房冬 一条兼定 幸徳秋水  by-中村ソーイング
 トップページ
 小京都中村関連年表
 一条教房(土佐一条家開祖)
 一条房家(初代)
 一条房冬(二代)
 一条房基(三代)
 一条兼定(四代)
 一条内政(五代)
 一条政親(六代)
 一条神社
 玉姫の墓
 咲かずの藤
 御化粧の井戸
 大文字の送り火
 奥御前宮
 東山
 鴨川
 京町
 桜町
 紺屋町跡
 たて町跡
 よこ町跡
 小姓町
 中村城跡
 須賀神社(祇園さん)
 正福寺跡
 東ノ城跡
 為松城跡
 中村山内家屋敷
 中村城跡の石垣
 中村目代跡
 西小路氏土居跡
 樋口真吉邸跡
 木戸明塾跡
 幸徳秋水
 安岡良亮邸跡
 行余館(藩校跡)
 遠近鶴鳴生家跡
 中村貝塚
 奥御前宮
 神社に祭ってある神はミズハノメノミコト(水神様)であり、2回再建した棟札がある。この時代から奥御前宮と呼ばれています。又、ここは1221年ごろ、土御門上皇が幡多に都を移したさいの行在所跡でもある。北側にある大杉は、十和村河内神社・大正町河内神社のものと共に3大神杉といわれています。


入って突き当たりに奥御前


更に進む


奥御前宮


小さな石碑



変わった石碑



大杉(樹齢1000年という)



住宅地から少し入る
サイト登録

Copyright©2007 NAKAMURA SEWING All rights reseryed