小京都 四万十市 歴史 一条教房 一条房家 一条房冬 一条兼定 幸徳秋水  by-中村ソーイング
 トップページ
 小京都中村関連年表
 一条教房(土佐一条家開祖)
 一条房家(初代)
 一条房冬(二代)
 一条房基(三代)
 一条兼定(四代)
 一条内政(五代)
 一条政親(六代)
 一条神社
 玉姫の墓
 咲かずの藤
 御化粧の井戸
 大文字の送り火
 奥御前宮
 東山
 鴨川
 京町
 桜町
 紺屋町跡
 たて町跡
 よこ町跡
 小姓町
 中村城跡
 須賀神社(祇園さん)
 正福寺跡
 東ノ城跡
 為松城跡
 中村山内家屋敷
 中村城跡の石垣
 中村目代跡
 西小路氏土居跡
 樋口真吉邸跡
 木戸明塾跡
 幸徳秋水
 安岡良亮邸跡
 行余館(藩校跡)
 遠近鶴鳴生家跡
 中村貝塚
 京町
 四万十市は応仁の乱で前関白一条教房が都の戦火を避けて幡多庄(現在の四万十市)に下向し、13年間に渡って京に模した街づくりをする。街は碁盤目状に広がり祇園さん京町鴨川東山などの地名がある。京町はその一つ。四万十市は清流四万十川・その支流後川に囲まれ、その佇まいは最も京に似ている。土佐一條氏は5世106年にわたり戦国の混乱をよそに京文化の影響を受けて、みやびやかな独特の文化が栄えた。現在でも、ところどころにその古都の面影を伝えている。
サイト登録

Copyright©2007 NAKAMURA SEWING All rights reseryed