小京都 四万十市 歴史 一条教房 一条房家 一条房冬 一条兼定 幸徳秋水  by-中村ソーイング
 トップページ
 小京都中村関連年表
 一条教房(土佐一条家開祖)
 一条房家(初代)
 一条房冬(二代)
 一条房基(三代)
 一条兼定(四代)
 一条内政(五代)
 一条政親(六代)
 一条神社
 玉姫の墓
 咲かずの藤
 御化粧の井戸
 大文字の送り火
 奥御前宮
 東山
 鴨川
 京町
 桜町
 紺屋町跡
 たて町跡
 よこ町跡
 小姓町
 中村城跡
 須賀神社(祇園さん)
 正福寺跡
 東ノ城跡
 為松城跡
 中村山内家屋敷
 中村城跡の石垣
 中村目代跡
 西小路氏土居跡
 樋口真吉邸跡
 木戸明塾跡
 幸徳秋水
 安岡良亮邸跡
 行余館(藩校跡)
 遠近鶴鳴生家跡
 中村貝塚


幸徳秋水の墓


秋水墓入口



秋水生家跡



秋水墓が見える



幸徳秋水
四万十市郷土資料館所蔵


 幸徳秋水(1871~1911)
中村の豪商「俵屋」に生まれた秋水は少年時より自由民権運動に共鳴し、その理論的指導者であった中江兆民の書生となり、深い影響を受けた。板垣退助の「自由新聞」を振り出しに新聞記者となった彼は、鋭い論調と際立った文才で明治期を代表するジャーナリストとなってゆく。その後、わが国社会主義運動黎明期の指導者として活躍、「平民新聞」を足場に日露戦争に反対、非戦論をつらぬき通した。これに対して山県有朋を中心とする藩閥権力は敵意をむき出しにし「大逆事件」で秋水ら12名を処刑した。著書に『廿世紀之怪物帝国主義』、『社会主義真髄』、『兆民先生』などがある。
四万十市中村山手通りの正福寺墓地に幸徳秋水一族の墓がある。 ”大逆事件” 秋水に対する官憲の介入は厳しく、その葬儀は日が落ちてから親族のみで行われ、遺骨は夜陰にまぎれてこの地に埋められたという。現在は刑死した1月24日に秋水を慕う人々によって、おごそかな中にも盛大な墓前祭が毎年行われている。
尚、幸徳秋水絶筆の碑が四万十市中村の為松公園に立っている。明治44年1月18日死刑判決を受けて獄舎に帰ってきた秋水が担当の看守の求めに応じてかき与えたのが、碑に彫られている漢詩だという。死刑判決直後にもかかわらず、その字にはいささかの乱れもない。
(土佐の「小京都」中村から引用)
 幸徳秋水筆絵馬(右写真の説明文)
秋水20歳明治24年4月、不破八幡宮に病気平癒御礼のため奉納したもの。絵は昔、西行法師が源頼朝公により賜った銀製の猫の置物を直ちに門外の村道に与えたという故事を画いたもの。秋水当時の心根が頬笑ましい。 四万十市郷土資料館所蔵


秋水卒業証書


幸徳秋水夫妻


平民新聞


平民新聞
幸徳秋水 原稿 


秋水自筆掛軸寄贈



秋水 書





秋水 書



秋水と菅野スガ
明治42年ごろ撮影したものと思われる。菅野スガも大逆事件に連座して、処刑された。


秋水 著書



芸術新潮2000年2月号



改革奇談の翻訳



幸徳秋水家系図
(幸徳傳次郎=秋水)
資料すべては四万十市郷土資料館所蔵
サイト登録

Copyright©2007 NAKAMURA SEWING All rights reseryed