小京都 四万十市 歴史 一条教房 一条房家 一条房冬 一条兼定 幸徳秋水  by-中村ソーイング
 トップページ
 小京都中村関連年表
 一条教房(土佐一条家開祖)
 一条房家(初代)
 一条房冬(二代)
 一条房基(三代)
 一条兼定(四代)
 一条内政(五代)
 一条政親(六代)
 一条神社
 玉姫の墓
 咲かずの藤
 御化粧の井戸
 大文字の送り火
 奥御前宮
 東山
 鴨川
 京町
 桜町
 紺屋町跡
 たて町跡
 よこ町跡
 小姓町
 中村城跡
 須賀神社(祇園さん)
 正福寺跡
 東ノ城跡
 為松城跡
 中村山内家屋敷
 中村城跡の石垣
 中村目代跡
 西小路氏土居跡
 樋口真吉邸跡
 木戸明塾跡
 幸徳秋水
 安岡良亮邸跡
 行余館(藩校跡)
 遠近鶴鳴生家跡
 中村貝塚
 東山
 今から約500余年前、前関白一条教房公が応仁の乱の戦火を避けて中村に下向し、13年間にわたって中村を京都に似た街づくりをした。その一つでこの山に”東山”という名前をつけ京都を偲んだという。現在も東山と呼ばれている。東山の手前に後川が流れ四季折々の花々が咲き乱れていている。


東山


宵待ち草


 


あざみ
サイト登録

Copyright©2007 NAKAMURA SEWING All rights reseryed